女性用媚薬を服用したときの女性の変化とは?

女性用媚薬を服用したときの女性の変化とは?

媚薬とは性欲を強めたり、感度を上げたり、恋愛感情を持たせたりなどといった効果を持つ薬のことで、催淫剤や刺激性物質、生ホルモン剤、漢方薬などに分類されます。

その主成分も植物由来のもの、動物を加工したものがあり、また散薬、塗布薬など多種多様な形態を持ちます。

媚薬の中の催淫剤は性欲を増強することを目的とした薬で、主に男性の精力減退のために用いられ、勃起を促す作用を持ちます。男性の勃起を増進するバイアグラやレビトラなどが知られています。

他にも経口して性器を刺激するもの、アンドロゲンなどのステロイド製剤など性欲を増進させる効用を持つものがあります。

女性用媚薬は服用するものよりも、ネット通販などで購入出来る香り成分が強い、香水やアロマなどフェロモン効果を期待するものが多く見られます。

経口するのも薬というよりはサプリ、ドリンク剤ではなくお茶など副作用が少なそうなものが選ばれる傾向にあります。

もちろん海外物の強い効果を持つものもあり、使用すれば性欲が飛躍的に向上し、オーガズムに達しやすくなると言われています。

媚薬には、植物や動物由来の食品があり、ナマコやカキ、ニンニク、動物の性器があります。また、漢方薬では朝鮮人参、鹿のふくろづの、トナカイの角などがあります。

こちらは伝承的なものもあり、プラシーボ効果を期待するものが大きいです。現代の媚薬は、主に男女における性的機能を高める作用を持ちます。

媚薬の主成分として効果が高いと言われているムイラプアミンは、ブラジル産の植物ムイラプアマが原料で、男性ならず女性の性欲不振を改善する作用があります。

アンデス山脈産のマカは滋養強壮の効果が非常に強いとされていて、サプリメントで用いられることが多いです。こちらは即効性よりも継続的に使用することにより、長期的に性欲不振の改善を施します。

媚薬には催淫剤や性ホルモン剤など錠剤やカプセルタイプなどの種類以外にも、性器に直接しようするクリームタイプのものもあり、オーラルセックスのときに使用すると非常に強く作用するようです。また、経口するタイプと併用することにより、より強い効果が期待出来ます。

一般的な通販サイトでは購入出来ませんが、海外からの輸入品などの媚薬もあります。ですが、実際の効果が低いものや副作用があるもの、副作用があるものもありますので用法容量を守って使用することが大事です。

女性の方も、よりセックスを楽しむために女性用媚薬を使用してみてはいかがでしょう。