女性用媚薬を通販しているのはどこ?

女性用媚薬を通販しているのはどこ?

女性用媚薬は薬局やドラッグストアでは売っていません。性的なものだからという理由ではありません。

ドラッグストアでもコンドームなど性グッズが取り扱われていることはあります。それではなぜ女性用媚薬は実店舗では販売されていないのでしょうか。

その理由は女性用媚薬が薬だからです。薬にもさまざまな種類があります。大きく分けると医療用医薬品と一般用医薬品です。一般用医薬品も第一類から第三類までの種類があります。

女性用媚薬は医療用医薬品に分類されますので、実店舗では販売されていません。インターネット通販でも同様です。日本では医療用の薬を販売することはできません。

法律に違反するのでお店が営業できなくなるばかりか、場合によっては刑罰の対象になります。それでは日本では全く医療用の薬を購入できないのかというとそういうわけでもありません。

個人輸入を利用することで処方箋がなくても医療用の薬を入手することができます。個人輸入については誤解をしている人もいるので簡単に説明をしてみましょう。

個人輸入はほとんど通販と変わらない感覚で利用をすることができます。しかし、実際には両者は全くの別物です。通販では薬をネットショップなどから購入しますが、個人輸入では薬をお店から購入しません。

日本では医療用の薬を販売するという行為が違法になるからです。しかし、海外旅行へ行ったときなどに海外のお店で薬を購入するという行為には問題がありません。海外ではその国の法律が適用されるからです。

インターネットを通して海外から薬を購入し、国内へ輸入してくるという手続きをとれば問題ないということになります。この手続きは個人でもできますが、基本的に英語でやりとりをしなければならないので素人にはハードルが高いです。

信頼できる会社から薬を購入するということも大切です。そこで、個人輸入代行のサイトを利用することで素人でも簡単に薬を海外から輸入することが可能となります。

通販との大きな違いは、薬をショップから購入するのか、それとも海外から輸入をしてくるのかという違いです。料金の内訳も「送料+代行手数料」となっており薬の代金は含まれておりません。

薬の代金をとってしまうと法律的に問題があるからです。あくまで送料と手数料をもらうということになっているので合法となります。ただし、海外から輸入をした薬には偽物もあるのでしっかりと信頼できる会社を選んでおく必要があります。